You are currently browsing the archives for 11月, 2012.

肝斑かもしれない?見分け方と原因

posted in: 美容情報 - No Comments

顔にでき始めたシミ…年のせいだから仕方が無いと思っていませんか?シミだと思っていたものが、実は肝斑かもしれないのです。でも、シミなのか肝斑なのかどうやって見分ければいいのかわからないという人も多いでしょう。

まず見分け方としては、そのシミが左右対称にあるかどうか、です。通常のシミであれば左右対称にできることはありませんが、肝斑の多くが左右対称に近いように、顔の両方に満遍なくできていると思います。主に頬の骨にそってできている場合は、肝斑を疑ってみたほうがいいでしょう。また、輪郭がはっきりしないものが肝斑の特徴なので、シミよりも何となくぼんやりと広がるような感じでできている場合も、肝斑を疑ってください。大体発症するのは30代から40代ぐらいの女性です。それ以降の年代では発症することはあまりないので、それ以降の年代になっているのであれば、一般的なシミの可能性が高いです。

原因というのは、紫外線だけではありません。肝斑の場合は女性ホルモンが大きく影響しています。ホルモンバランスが崩れてしまうと発症するのです。ホルモンバランスは肝斑だけではなく色々な不調にも繋がりますから、きちんと整えておきたいですね。